ニュースまとめ・経済ニュースまとめ「世界情勢の分析と未来予測」

中国・イランが接近!中国の脅威を知っているか?

 中国・イランが接近!私たちは中国の脅威を知っているか?

 
 

1.中国・イラン25カ年協定調印

中国とイランは経済や安全保障を巡る25年間の協定を結んだと発表されました。

協定の詳細は明らかになっていないものの、地元メディアなどによると中国がエネルギー分野のほか鉄道、高速通信規格5G整備などに投資し、イランが原油やガスを低価格で提供するとされています。

中国が計4,000億ドル(約44兆円)をインフラに投資し、うち2800億ドルをエネルギー部門、1200億ドルを輸送、通信、製造部門に投じるとも報道されています。

貿易や人権、核合意などを巡り米国と対立する両国の思惑が一致しての結果です。米国が続ける対イラン制裁に中国は対抗する形となります。

中国とイランの共通項は米国との対立です。中国は少数民族ウイグル族の人権問題などで米欧が敷く包囲網への焦りが強くあります。イランは米国に核合意への復帰を促し、制裁を解除させたい思惑があります。

協力は軍事面にも及ぶ可能性があります。中国とイラン、ロシアの3カ国は2019年12月、合同軍事演習を実施しています。イランメディアは20年に、協定でペルシャ湾のキーシュ島の租借権を中国に認めると報じています。イラン当局は否定していますが、中国とイランの軍事協力への警戒は強まっています。

また、中国は広域経済圏構想「一帯一路」で周辺国への投資を通じた関係強化を図っています。原油の重要な輸送路となるペルシャ湾に接するイランは中東の要衝でもあります。中国とイランの協定は世界の脅威になりかねません。

   (出典:ウィキペディア)
   《オレンジ:アジアインフラ投資銀行の加盟国/黒線:一帯/青線:一路》


2.一帯一路とは

中国の国家主席が2013年に提唱した、中国と欧州をつなぐ広域経済構想が一帯一路です。かつての交易路シルクロードに沿ったもので、中国の重要な国家戦略でもあります。

中国から中央アジアを経由して欧州へと陸路で続く「シルクロード経済ベルト」を「一帯」、南シナ海からインド洋を通り欧州に続く「21世紀の海上シルクロード」を「一路」と呼んでいます。

インフラ投資などを通じて中国と沿線の国の経済を発展させる一方、新中国圏を広げようとする狙いがあるとされます。

中国政府は一帯一路構想を資金面で支える政府系ファンド「シルクロード基金」を設立。関係国がインフラ整備に向けて資金を確保できるよう、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立も主導しました。AIIBの加盟国、地域は100を超えます。

一帯一路の一環には、中国とラオスを結ぶ高速鉄道の建設や大規模インフラ整備事業「中国・パキスタン経済回廊(CPEC)」などがあります。各国・地域には中国や同国市場と連携することで自国経済を発展させようとする狙いがあります。

一方で国際援助を受けたことで債権国から外交などで圧力を受ける、いわゆる「債務のワナ」に陥る懸念も指摘されています。

【地域としては「一帯一路」、インフラは「六路」、経済圏は「六廊」】

「一帯一路」は、中国西部と中央アジア・欧州を結ぶシルクロード経済帯と、中国沿岸部と東南アジア・インド・アラビア半島・アフリカ東部を結ぶ21世紀海上シルクロードの2つの周辺地域を指しています。

ただし、シルクロード経済帯は1つではなく3つあり、21世紀海上シルクロードも1つでなく2つあることに留意が必要です。

「一帯一路」建設推進指導グループが2017年5月に発表した「一帯一路」共同建設:理念、実践と中国の貢献」によれば、シルクロード経済帯には3つの経路があり、第一は中国西北、東北から中央アジア、ロシアを経て欧州、バルト海に至るもの、第二は中国西北から中央アジア、西アジアを経てペルシャ湾、地中海に至るもの、第三は中国西南からインドシナ半島を経てインド洋に至るものとされています。

また、21世紀海上シルクロード(一路)には2つの経路があり、第一は中国の沿岸港から南シナ海を通り、マラッカ海峡を経てインド洋に至り、欧州へ延伸するもの、第二は中国の沿海港から南シナ海を通り、南太平洋へ延伸するものとされています。

また、インフラの整備に関しては「六路」、経済帯の建設に関しては「六廊」とされています。

「六路」とは、鉄道、道路、海運、航空、パイプライン、宇宙の総合情報ネットワークの6つのインフラのことを指しており、その相互接続を内容としています。「宇宙」に関しては中国版GPSと言われる「北斗」によって「一帯一路」沿線国にサービスを提供し始めました。

一方、「六廊」とは新ユーラシアランドブリッジ(アジアとヨーロッパを結ぶ鉄道)、中蒙ロ、中国・中央アジア・西アジア、中国・インドシナ半島、中国・パキスタン、バングラディッシュ・中国・インド・ミャンマーの6つの国際経済協力回廊のことを指しています。

   (出典:Wikipedia 新ユーラシアランドブリッジ)

一帯一路の「一」にそれほど大きな意味はなく、その実態は「六廊」の建設と「六路」の整備を推進する「六廊六路」と言えるでしょう。

中国の世界戦略の中でも特に重要なのが一帯一路です。

3.中国の脅威を本当に知っているか?
世界は中国の脅威に気づき始めています。日本はどうでしょうか?

最近、中国の戦略について、中国共産党は「戦わずに勝つ」という戦略を採用しており、それが世界へ広がっているということが書かれた書籍が話題になっているようです。英語だけで、まだ日本語訳は出ていません。

ただ、インドの日曜版の新聞の「Sunday Gurdian Live」に著者のインタビューがあり、とても興味深かったので、翻訳をしてまとめながら、お伝えしたいと思います。
 



中国は、政治戦争(political warfare/PW)を使って、インド、米国、及び中国共産党(CCP)が支配したいその他の政党を弱体化させようとしています。

特にオープンな通信システムが私たちの強みですが、CCPのような悪意のある組織では、民主主義が私たちの弱点にもなります。そのため、民主主義にとっては、政治戦争の最前線を特定し、戦い、押し戻す方法を理解することは不可欠です。

政治戦争の世界的な専門家の1人は、ケリー・K・ガーシャネック教授です。ガーシャネック教授は、過去3年間、台北の国立政治大学の客員研究員(台湾フェロー)でした。彼はまた、タイのチュラチョームクラオ王立陸軍士官学校とタイ海軍兵学校の特別客員教授を6年間務めました。

彼は元米海兵隊の将校であり、30年以上にわたって国家レベルの戦略的コミュニケーションと防諜(カウンターインテリジェンス)の経験が豊富です。

「政治戦争:「戦わずに勝つ」という中国の計画と戦うための戦略」の著者、ガーシャネック教授へのインタビューです。
 

Q:インドと米国を含め、すべての国がある程度政治戦争を行っています。なぜ、中国の政治戦争に関する本を書くのですか?

A:政権の性質は、それがもたらす脅威の程度と同様に、非常に重要です。中国は膨張主義、超国家主義、軍事力、残酷な抑圧、ファシスト、全体主義国家です。

CCP(中国共産党)は自由と民主主義に実存的な脅威をもたらします。CCP体制の性質を理解できないと、中華人民共和国(PRC)の政治戦争がもたらす危険を完全に理解し、それと戦う能力を構築する自分たちの国の能力が損なわれます。

私がこの本を書いたのは、主要な政策、国家安全保障、教育の立場にある多くのアメリカの選出された議員やその他の人々が、中国の脅威の性質を単に理解していないからです。

彼らは、中国が私たちと戦争をしていることを理解していないか、単に認識することを拒否しています。ソ連との冷戦中、米国は全体主義的な政治戦争との戦いにかなり優れていました。これが自由世界がソ連との長期にわたる冷戦に勝利した主な理由です。

しかし、1990年代初頭、ソビエト連邦の崩壊は私たちが勝利したことを意味し、全体主義共産主義政権からの脅威は二度とないだろうと素朴に想定した時に、私たちはそれらのスキルを放棄しました。
 
共産主義のソビエト政権は崩壊しましたが、中国共産党は崩壊しませんでした。中国共産党はソビエト連邦の崩壊を綿密に研究し、全体主義体制を維持する方法に関する教訓を学びました。

そして、それは中国共産党がソ連のようになるのを避けるために、政治的戦争能力を大いに改善しました。
 

Q:本の中で、中国が他の国々と「戦争中」であると述べていますが、この戦争はいつから始まったのですか。そしてなぜ政府が彼らが攻撃を受けていることに気づくのにそれほど長い時間がかかったのですか?

A:中国共産党は、ほぼ100年間、敵に影響を与え、協力し、破壊するために政治戦争を利用してきました。毛沢東と中国共産党は、中国が設立されるかなり前に、「世界の人々を解放する」ための革命戦争を呼びかけました。中国共産党は1949年に中国本土で国民政府の中国軍を打ち負かし、その直後に征服したチベットや新疆ウイグル自治区などの国の人々を抑圧するために政治戦争を利用しました。

中国は現在、世界的な膨張主義的で全体主義的な野心を支援するために、自国の国民に対して毎日政治戦争を行っています。

米国をはじめとした民主主義国家の当局者は、いくつかの重要な理由から、中国の政治戦争について簡単に騙されてきました。ソビエト連邦が1990年頃に崩壊した時、私たちの国の多くは、これ以上膨張主義的で全体主義的な脅威はないと素朴に信じていました。もちろん、間違っていました。中国共産党は依然として、地域的(そして最終的には世界的)覇権の計画を静かに抱いていました。

中国の統治者が中国の「平和的台頭」を宣言した時、彼らは巨大な経済的及び軍事的力を構築し、民主主義を破壊するために世界的な政治戦争を行ってきました。

一方、米国や他の民主主義国は冷戦の政治的戦争能力を解体し、中国が「責任ある利害関係者」として民主主義国家の共同体に加わることを愚かにも想定してしまったのです。

例えば、インドは中国との大規模な戦争を戦い、中国の日常的な軍事侵略と攻撃に立ち向かわなければなりませんでしたが、国として、それに対する中国共産党の政治的戦争を十分に認識しておらず、体系的に研究して対抗していません。

中国の政治戦争に対する民主主義の盲目は、脅威を概念化する能力を著しく損ないます。しかし、今では多くの国が脅威に目覚めていますが、一部の指導者は力がなく、中国共産党に適切な対策を講じられています。

例えば、インドと米国の両方に、単純な貪欲さからの左派の全体主義的イデオロギーで、親中国派閥があります。その結果、北京の悪意ある影響力と闘うための国民的コンセンサスを構築することは困難でした。しかし、この意思とそれに立ち向かう能力の欠如は、中国の究極の勝利をほぼ保証しています。

Q:中国は世界中でどのように政治戦争を行っていますか?戦術は国ごと、地域ごとに異なりますか?

A:中国共産党の観点からは、政治戦争は総力戦であり、大規模な軍事戦闘に足りないあらゆる手段を使用した無制限の戦争です。中華人民共和国(PRC)の政治的戦争の形態は、一般的に世界中で標準的です。同じプレイブック(戦略書)を使用して、従来の戦争を戦うことなく、政治的、経済的、軍事的目的をグローバルに達成します。ただし、カスタマイズされた戦略と戦術は、各地域と国に適合しています。

中国の政治戦争(無制限の戦争)は中国共産党が望んでいることを他の人にやらせるように設計されていることを理解することが重要です。中国は、無制限の戦争は、「戦場はどこにでもある」ことを意味し、「戦争と非戦争、そして軍事と非軍事の間に境界はない」と述べています。

本質的に中国は、その目的を達成するために、合法か違法かを問わず、すべてが許容されると述べています。中国が無制限の戦争を行う方法の具体例には、生物学及び科学的戦争とテロリズムが含まれます。これは、Covid-19時代に注意して検討することが特に適切であることを意味します。

中国が採用している武器のリストは長い。これには、プロパガンダ、心理戦、メディア戦争、偽情報、汚職、経済的及び性的誘惑、及び強制が含まれます。また、ハイブリッド戦争、代理軍、暗殺、誘拐、残忍な物理的攻撃などの積極的な対策も含まれています。

中国の政治戦争の教養には、法定(国際法及び国内法、機関、裁判所を使用して中国共産党に有利な意思決定をする)、サイバー攻撃、テロ、スパイ活動、贈収賄、検閲、欺瞞、破壊、恐喝、強制失踪(誘拐)、犯罪集団による攻撃などの概念も含まれます。

この政治戦争の兵器リストに最近追加された注目すべき点は、ソーシャルメディア戦争です。中国はソーシャルメディアを使用して、心理戦、脅迫、強制、宣伝を増幅しています。ソーシャルメディアでは、中国共産党は社会を宣伝や偽情報で溢れさせ、民主主義への人々の信頼を弱め、政治的不安定を生み出しています。

ソーシャルメディアの優位性を追求するために、中国は恐らく30万人の兵士からなるPLA(中国人民解放軍)サイバー部隊と、CCPプロパガンダをサポートするソーシャルメディアサイトにコメントするためにわずかな料金を支払われる、恐らく200万人のネチズン「50セント軍」を設立しました。

PLA戦略的支援部隊と協力して、これらのいわゆる「ネチズン」の多くは、ソーシャルメディアを使用して、多国籍企業、有名人、外国政府、組織を脅迫し、強要しています。これは全て、中国共産党の全体主義的思考制御の一部です。中国共産党は、西洋の検索アプリケーションに対するCCPの内部検閲や異議を唱え、中国共産党が承認しない思考を野蛮に抑圧するためのソーシャルネットワークの使用など、13億の主題を制御するために内部的に思考制御戦術を採用しています。

これらの戦術は、現在、海外で日常的に採用されています。例えば、インドと米国の大学教授は、さまざまな理由から、中国に関しては日常的に自己検閲を行っています。いくつかはイデオロギー的です(それらは単に中国の全体主義モデルを支持します。)他の人々は、批判が中国へのビザ取得やハイステータス会議への招待の見通しを損なうことを恐れています。これは知的不正と道徳的臆病の両方を構成していますが、事実です。

Q:政治戦争を行う上での中国の究極の目標は何ですか?その中間的な目的のいくつかは何ですか?

A:一般に、中国の統治者は3つの主な理由で政治戦争を行っています。(1)地域的及び世界的な覇権を達成するため、(2)中国の主題に対する絶対的な管理を内部的に維持すること、(3)他の国々を家臣国、又は支流国にするように選択、又は強制し、敵対者として認識されている国を破壊すること。

中国共産党が発明した歴史の中国ファシストの解釈に基づいて、中国共産党は中国を他のすべての国よりも高くすることを目指しています。つまり、中国共産党は「一つの中国」の神話と、その想定されていたかつての帝国の壮大さを中華の国として復活させたいのです。中国共産党の用語を使用するために、中国は全能の覇権者になりたいと考えています。したがって、中国共産党が中国の人口と資源、そして中国が歴史的に、近くと世界中の両方で野蛮国家と呼んでいた外国を完全に支配することを確実にするために、それは政治戦争を行います。

Q:バイデン新政権についてどう思いますか?ジョー・バイデンは中国の侵略を抑えるために働くのでしょうか、それとも彼はそれを促進するのでしょうか?

A:バイデン・ハリス政権は、世界中の他の民主主義国に対して、単なる空のレトリックではなく、強力な行動を通じて信頼できることを証明する必要があります。

率直に言って、バイデン・ハリス政権が中国に立ち向かう決意とスキルの両方を持っているかどうかを評価するために、バイデン・ハリス政権の行動と言葉の両方を一定期間監視する必要があります。オバマ・バイデン政権の間、中国共産党の調整が多すぎて、新政権への完全な信頼を植え付けることができませんでした。

バイデンの現在の主要な任命者の多くは、その期間中に奉仕し、中国がもたらす存在の脅威を効果的に特定し、それに立ち向かうことができませんでした。しかし、彼らは今では年をとっていて、もっと賢いことを願っています。

バイデン政権は、またトランプ政権が中国と対峙するために取った措置に基づいて構築できるという大きな利点を持っています。一例として、理想的には、バイデンはトランプ時代のイニシアチブとして単に却下するのではなく、クワッドの概念を拡張するために働きます。

新政権はまた、トランプ政権が米国および世界で中国の政治戦争を暴露し、直面することに関して始めた優れた仕事を継続する必要があります。

 

日本は中国の脅威に対する認識を持っているでしょうか。

世界の動きは中国に対して対峙姿勢です。そんな中でのイランと中国の接近。世界の流れに明らかに遅れている日本です。

世界の動きと中国の脅威について知っておくことは重要です。

本日はこれまで。

関連記事

アーカイブ