ニュースまとめ・経済ニュースまとめ「世界情勢の分析と未来予測」

ニュースまとめ「イギリス新型コロナウイルスの変異体」

What we know about the new coronavirus strain

イギリスで広がっている新型コロナウイルスの「変異体」

感染力変化の可能性!英・フィナンシャルタイムズの報道より!

新型コロナウイルスの変異体が見つかっています。日本も英国からの入国は停止しました。感染力が強いとみられているようです。

専門家は「いずれ国内に入る可能性が高い。監視して待ち構える必要がある。重症化しやすい高齢者に感染しないように注意が必要」と警告しているようです。

また、専門家の間では、危険性を予測していた変異体が出現したともみられています。

そこで、国内の報道では、まだこの変異体について詳しく書いてある報道が見当たりませんでしたので、英国の新聞であるフィナンシャルタイムズの記事をご紹介します。


2020年12月23日 フィナンシャルタイムズ

What we know about the new coronavirus strain

新しいコロナウイルス株について知っていること

Scientists are racing to discover how infectious the variant is and if vaccines can beat it

科学者たちは、この変異体がどのように感染するか、そしてワクチンがそれを打ち負かすことができるかどうかを発見しようと競争しています。

Scientists are scrambling to understand the new coronavirus variant that has devastated the Christmas plans of millions of people in Britain and left the UK largely isolated from the rest of the world as a result of travel bans imposed by other countries.

科学者たちは新しいコロナウイルス変異体を理解しようと競い合っています。その変異体はイギリスで何百万人ものクリスマスの計画を台無しにし、そして、他国によって課せられた渡航中止の結果として、イギリスを世界から孤立させてしまいました。

Labelled B.1.1.7, we look at what we know and do not know about the new strain.

B.1.1.7と書かれたこの新種について、私たちが知っていることと知らないことを見てみましょう。

Where did the new variant come from?

新しい変異体はどこから来たのでしょうか?

It was first detected in mid-October when the Covid-19 Genomics UK Consortium (Cog-UK) read the full genetic code of coronavirus in two samples that had been collected in Kent and London on September 20 and 21.

10月中旬に初めて検出されたのは、9月20日と21日にケント州とロンドンで採取された2つのサンプルからコビド・19ゲノミクスUKコンソーシアム(Cog-UK)がコロナウイルスの完全な遺伝子コードを読み取ったときでした。

But scientists did not become alarmed about B.1.1.7 until mid-December when they associated it with rapidly rising case numbers in south-east England.

しかし、科学者たちがB.1.1.7について警戒するようになったのは、イングランド南東部で症例数が急増していることに関連して、12月中旬になってからです。

B.1.1.7 has far more mutations than in any previous variant of the Sars-Cov-2 virus analysed since the pandemic started.

B.1.1.7は、パンデミックが始まってから分析されたSars-Cov-2ウイルスの以前のどの変異体よりもはるかに多くの突然変異を持っています。

Twenty-three letters of the viral genetic code have changed, of which 17 could alter the behaviour of the virus.

ウイルスの遺伝子コードの23文字が変更され、そのうち17文字がウイルスの挙動を変える可能性があります。

They include several mutations on the key “spike protein” that it uses to enter human cells.

その中には、ヒトの細胞に入るために使用する重要な「スパイクタンパク質」のいくつかの変異が含まれています。

Virologists suspect that the multiple mutations occurred in a patient with a severely suppressed immune system who incubated Sars-Cov-2 for many weeks and then infected someone else.

ウイルス学者は、免疫系が著しく抑制された患者がSars-Cov-2を何週間も培養した後、他の誰かに感染したことで、多重変異が起こったのではないかと疑っています。

These conditions are likely to supercharge the mutation process.

これらの条件は、突然変異のプロセスをスーパーチャージする可能性が高い。

Efforts to trace the original “index patient” have failed. “We don’t know whether the new variant originated in the UK or was introduced from elsewhere,” said Sharon Peacock, Cog-UK director.

オリジナルの “指標患者 “を追跡する努力は失敗しました。”我々は、新しいバリアントが英国で発生したのか、他の場所から導入されたのかを知りません。”と、Cog-UKのディレクターであるシャロン・ピーコックは言いました。

How infectious is it and how far has it spread?

感染力はどのくらいで、どこまで広がっているのでしょうか?

B.1.1.7 has multiplied rapidly in London and south-east England, supplanting older variants.

B.1.1.7は、ロンドンと南東イングランドで急速に増殖し、古い変異体に取って代わっています。

It was responsible for 28 per cent of infections in London by early November and 63 per cent since November 29.

ロンドンでは11月上旬までに28%、11月29日以降は63%の感染を引き起こしていた。

It is also present at much lower levels in Scotland, Wales and the rest of England.

また、スコットランド、ウェールズ、イングランドの他の地域では、はるかに低いレベルで存在しています。

Computer modelling of the viral spread suggests the new variant could be 50 to 70 per cent more transmissible than other Sars-Cov-2 strains circulating in the UK.

ウイルスの広がりをコンピュータでモデリングすると、新しい変異体は、英国で流通している他のSars-Cov-2株よりも50〜70%以上の感染性があることが示唆されています。

The modelling shows it may raise the R value of the virus — the average number of people to whom someone with Covid-19 passes the infection — by at least 0.4, making the pandemic far harder to control without stringent lockdown measures.

モデリングによると、ウイルスのR値(コビド19を持つ人が感染をパスする平均的な人数)が少なくとも0.4上昇する可能性があり、厳格なロックダウン対策なしではパンデミックの制御がはるかに困難になることが示されています。

Some specific mutations on B.1.1.7 also look as though they might make it easier to infect people.

B.1.1.7のある特定の突然変異は、人に感染しやすくなるようにも見えます。

However, no laboratory studies of the transmissibility of the new virus have been completed and some independent experts were cautious about the meaning of the UK government’s modelling.

しかし、新型ウイルスの透過性に関する実験室での研究は完了しておらず、独立した専門家の中には、英国政府のモデル化の意味について慎重な意見もあった。

Outside the UK, the new Covid-19 variant has been identified in Denmark, Australia, Italy, the Netherlands and Iceland.

英国以外では、デンマーク、オーストラリア、イタリア、オランダ、アイスランドで新しいCovid-19変異体が確認されています。

Scientists suspect that it has spread much farther afield than this smattering of cases would indicate.

科学者たちは、このような事例が散在していることが示すよりも、はるかに遠くまで広がっていると考えています。

The UK is one of the few countries doing the intensive genomic sequencing required to identify variants; Cog-UK has produced half of all the world’s publicly released Sars-Cov-2 sequences.

英国は、変異体を同定するために必要な集中的なゲノム配列決定を行っている数少ない国の一つであり、Cog-UKは世界で公開されているSars-Cov-2配列の半分を作成しています。

“There are very few countries that look — and if you don’t look for it, you won’t find it,” said Mads Albertsen, an expert in microbial genetics at Aalborg University in Denmark.

“見ている国は非常に少ない-探さなければ見つからない “と、デンマークのオールボー大学の微生物遺伝学の専門家であるマッズ・アルベルセン氏は言います。

“I cannot imagine that it hasn’t spread worldwide by now . . . It’s been in the UK for so long it must be in all countries around the world.”

“今までに世界中に広まっていないとは想像できない.... 英国では長く続いているので、世界中の国にあるはずです。”

Will the variant affect the immune system enough to stop Covid-19 vaccines working?

コビド19ワクチンを止めるのに十分な免疫系への影響はあるのでしょうか?

The vaccines completing trials and beginning mass inoculation programmes — from Pfizer/BioNTech, Moderna and Oxford/AstraZeneca — achieve protection by training the recipient’s immune system to recognise many different sites on the viral spike protein.

試験を終え、大量接種プログラムを開始しているファイザー/BioNTech、モデナ、オックスフォード/アストラゼネカのワクチンは、受け手の免疫システムがウイルスのスパイクタンパク質上の多くの異なる部位を認識するように訓練することで保護を達成しています

Experts do not expect the mutations on B.1.1.7 to interfere with that.

専門家は、B.1.1.7の突然変異がそれを妨げるとは考えていない。

“The prediction is that the new variant is unlikely to have more than a minor impact on vaccine effectiveness,” said Professor Adam Finn, a vaccine specialist at the University of Bristol.

“ブリストル大学のワクチン専門家であるアダム・フィン教授は、新しい変異体がワクチンの有効性にわずかな影響を与える可能性は低いと予測される」と述べている。

Scientists at the UK government’s Porton Down microbiology labs and colleagues at the vaccine companies are racing to confirm the veracity of that reassuring prediction.

英国政府のポートン・ダウン微生物学研究所の科学者やワクチン会社の同僚たちは、その心強い予測の信憑性を確認するために競い合っている。

Ugur Sahin, BioNTech chief executive, said it was “highly likely” that the company’s vaccine would work effectively against B.1.1.7, though it would take two weeks to complete the laboratory work needed to reach a definitive assessment.

BioNTech社の最高経営責任者であるUgur Sahin氏は、同社のワクチンがB.1.1.1.7に対して効果的に作用する可能性は「非常に高い」と述べたが、確定的な評価に到達するために必要な実験室での作業を完了するのに2週間かかるという。

One lab test involves infecting human cell cultures with coronavirus and then exposing them to antibodies from people who have been vaccinated.

ある実験室での検査では、ヒトの細胞培養物にコロナウイルスを感染させ、ワクチン接種を受けた人の抗体にさらすというものがあります。

The scientists then look for any differences between the ability of the antibodies to neutralise different variants of the virus.

科学者たちは、その後、ウイルスの異なる亜種を中和する抗体の能力の間の違いを探します

In the longer term, researchers will examine the health records of people who have been vaccinated to find out whether they are more susceptible to some variants than others.

長期的には、研究者はワクチン接種を受けた人の健康記録を調べて、いくつかの亜種に対して他の人よりも感受性が高いかどうかを調べることになるだろう。

Does the variant affect how ill people become if they are infected?

変異は、感染した場合にどのように病気になるかに影響を与えるのでしょうか?

Scientists are analysing the viral genetics of Covid-19 patients to discover whether B.1.1.7 might affect their symptoms.

科学者たちは、B.1.1.7が彼らの症状に影響を与えるかどうかを発見するために、Covid-19患者のウイルス遺伝学を分析しています。

“We have had no signal,” said Judith Breuer, professor of virology at University College London.

“我々は何のシグナルも持っていなかった “と、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのウイルス学の教授ジュディス・ブリューアー氏は述べています。

“If it was much more virulent we would see signals emerging.”

“もっと病原性が高ければ…” “シグナルが出てくるだろう”

There is provisional clinical evidence that B.1.1.7 is increasing the “viral load” — the amount of virus present in patients’ upper respiratory tract — which is also a feature of another variant called 501.V2 that has evolved independently in South Africa.

B.1.1.1.7が「ウイルス負荷」(患者の上気道に存在するウイルスの量)を増加させているという暫定的な臨床証拠がありますが、これは南アフリカで独自に進化した501.V2と呼ばれる別の変異体の特徴でもあります。

This may make the new variants transmit more readily between people but it is not clear how the greater viral load would affect symptoms in those who are infected.

これは新しい変形を人々の間でよりすぐに伝えさせるかもしれません、しかし、より大きいウイルス量がどのように感染している人々で症状に影響を及ぼすかは明らかでありません。

Might the new variant spread more easily in children?

新しい変異体は子供にも広がりやすいのでしょうか?

Adults are more susceptible than children to Covid-19 partly because the so-called ACE receptor — the gateway into human cells for the virus — changes shape as people grow up.

大人は子供よりもCovid-19の影響を受けやすくなっています。その理由の一つは、いわゆるACE受容体-ウイルスのヒト細胞への入り口-は、人が成長するにつれて形を変えていくからです。

Some scientists have suggested that mutations in B.1.1.7 enable the virus to enter the juvenile form of these receptors more easily.

一部の科学者は、B.1.1.7の突然変異が、ウイルスがこれらの受容体の幼若型により容易に侵入することを可能にすることを示唆している。

As Wendy Barclay, professor of virology at Imperial College London, put it, the genetic changes might give the virus a “more level playing field” for infecting children.

インペリアル・カレッジ・ロンドンのウイルス学のウェンディ・バークレイ教授が言うように、遺伝子の変化は、ウイルスが子供に感染するための「より公平な競技場」を与えるかもしれない。

But experts emphasised that this theory was unproven and urged caution.

しかし、専門家はこの理論は実証されていないと強調し、注意を促した。

“We are not aware of any increased incidence of the new variant in children,” said Prof Peacock.

“我々は、小児における新しい変異体の発生率の増加を認識していない “とPeacock教授は述べています。


引き続き、見続けていく必要がありそうです。

と同時に欧州経済への打撃も深刻です。ブレグジットの混乱と相まって、大混乱の様相です。

米国も大混乱ですが、英国、欧州はもっと混乱する可能性があります。世界の大変革は、容赦なく襲ってきています。

日本、世界の混乱に太刀打ちできるでしょうか。心配です。

未来創造パートナー 宮野宏樹

関連記事

アーカイブ